名刺を印刷してもらう際に押さえておきたいポイント

名刺 印刷

名刺は自分の顔とも言えるものです。ビジネスのみならず趣味の場でも多用される名刺には、他人には分からない自分なりのこだわりがあるという方も多いでしょう。人によって名刺のスタイルが千差万別なように、名刺の印刷会社にもそれぞれ特徴があります。ある会社では安さを売りにしていたり、またある会社ではデザイン的な装丁を売りにしていたりと、その業者ごとの強みがあるのです。自分の作りたい名刺に合わせて適切な業者選びをすることが理想の名刺を手にする第一歩と言えます。折角作るのなら、渡した相手がおっと目をみはるような名刺を作ってくれる業者に頼みたいものです。ここでは名刺の印刷を業者に依頼する際のポイントをいくつかに分けてまとめています。一味違う自分だけの名刺で周囲に差を付けましょう。

名刺の印刷は価格やデザインなど目的に合わせた選択を

兎に角安く作りたいという方は、100枚あたりの価格で探してみましょう。名刺の印刷価格の相場は1000円前後ですが、安いところでは500円以下、中には140円という驚きの低価格を実現している業者もあります。安いだけあって仕様は片面モノクロが多いですが、費用を抑えたい方にはおすすめです。小ロットでの発注になると逆に費用が嵩んでしまうこともあるため注意しましょう。また、仕事や趣味でペイントソフトを使う方の中には、名刺のデザインも自分で一から考えたいという方もいることでしょう。そんなこだわり派の方には、データ持ち込み可能な業者がおすすめです。業者によって対応可能なデータの形式は異なりますので、あらかじめ確認が必要です。専用のテンプレートを用意しているところも多いので、そうしたものを上手く活用しながらデザインを作成しましょう。

手軽にハイセンスな名刺が欲しいという時は…

ペイントソフトや画像データのことはよく分からない、それでもハイセンスな名刺が欲しいという方もいらっしゃることでしょう。そんな時は印刷会社のデザイナーの力を借りましょう。大抵の場合、名前や連絡先を編集するだけで使えるおしゃれなテンプレートが用意されています。テンプレートの豊富さも名刺の印刷業者を選ぶ際の決め手となり得る要素です。そうしたテンプレートとは別に、画像や文字を配置するだけでオリジナルの名刺が作れる、デザインメーカーなどのサービスもあります。難しいことは嫌だけれど他人と被るのも嫌、というワガママな希望も叶えてくれる優れモノです。業者によっては個別にデザイン料を支払うことで完全オーダーメイドの名刺の作成が可能な業者もあります。納得のいく名刺が作れるよう打ち合わせは綿密に行いましょう。