名刺印刷の際に知っておきたい費用の相場

名刺 印刷

白い画用紙に名前を書けば名刺といえますが、そんなものを持っている社会人はいないと思います。名刺は派手さを求められていることは少なく、さりげないセンスを求められることが多いと思います。ただデザイン性が高い、紙の質が良いものを探せば高額になっていきます。いわゆるデザイン料がかかるものです。これは業者にもよりますが数千円で請け負ってくれる会社から数万円かかる会社があります。これはホームページ作成と同じで自分で作る事も可能ですが、よりデザインと言う技術を求めるのであればプロに依頼してお金を払うことは当然です。そのようなデザインを考えない場合、テンプレートを使って印刷してくれる印刷会社も多くあります。こちらは1枚1円から100円と幅が広いですが、依頼する枚数にもよります。

名刺を印刷だけでなくデザインしてくれる業者を選ぶ基準を考える

希望通りの名刺を印刷して欲しい場合、自分の希望をより具体的にしておく必要があります。なんかスタイリッシュなものと言われてもデザインを考える方が困ります。今までいただいた名刺の中で気に入ったものや、印刷会社のサイトを見て気に入ったデザイン、オリジナリティーが欲しいのであれば、デザイナーと話ができる環境を作ることが大切です。オリジナリティーという言葉は非常に怖い言葉です。曖昧すぎてお互い迷走する可能性があります。もし何も思いつかない、サイトを見ても感銘を受けないという場合、数社の会社に見積もりをとってみることをおすすめします。そこで話しやすい方、スムーズに見積もりがとれた会社など、良いなと思えた会社からあたるという手もあります。またクラウドソーシングを利用するという方法もあります。ここでデザインだけを依頼するという方法もあります。

名刺の印刷をしてくれている会社に相談してみる

名刺は同じように見えるのに、文字の大きさや位置、ロゴの使い方、写真入りなど、実は色々な種類があります。印刷技術の発展に伴い、仕上がりのスピードも上がっています。そして自分で作ることも可能になっていますが、大量に良い品を作りたいのなら、やはりプロに依頼することがおすすめです。もし気になる名刺を見つけたら、お相手の方に尋ねてみる事も、よい話の切り口になるかもしれませんから、意外と侮れないと思います。特にデザイン性の高いことを求められる職場においては、名前入りの紙だけでは収まらないのです。印刷会社でもデザイン会社を兼ねている会社もありますし、繋がりのある会社もあります。今までの印刷会社の方に一度相談してみることも良いと思います。自分の名刺に不満がある、印象を変えたいという方はしらべてみてください。